乾燥肌 洗いすぎ

MENU

乾燥肌は洗いすぎが原因である事を知っておきましょう

肌の健康の為には清潔にすることが欠かせません。
しかし、これも度が過ぎると乾燥肌の原因となりますので注意が必要です。

 

人間の皮膚は皮脂腺と汗腺からの分泌物により、天然の保護クリームで
覆われています。これは皮脂膜と呼ばれています。

 

皮脂膜には角質層を乾燥から守る保湿の役割と、感染症からの防御の
役割等があります。皮脂膜には常在菌が繁殖して皮膚の表面を弱酸性に
保ち、カビや菌などが繁殖できないように守っているのです。

 

皮脂膜は石鹸で洗い流しても再度分泌されますが、完全に戻るまでに
時間がかかります。その為、あまり頻繁に体を洗いすぎると肌の保湿機能が
損なわれて乾燥肌になります。

 

乾燥肌により角質が荒れるとバリアー機能が損なわれ、雑菌などが入りや
すくなりますし刺激にも過敏になります。こうなると痒みが出てきますので、
つい引っ掻くようになり、そこから皮膚が荒れるという悪循環が
始まってしまいます。

 

よく、小さいお子さんがいる家庭では赤ちゃんに気を使うあまりに頻繁に
手を洗う人がいますが、これは実は逆効果です。
洗いすぎはよくありません。

 

手を頻繁に洗いすぎると手の肌が荒れ、荒れた角質層の隙間に菌が繁殖
します。かえって不潔なのです。

 

特に殺菌作用のある石鹸などは刺激が強い上に常在菌も殺してしまいます
からお勧めできません。石鹸は通常の固形石鹸で十分ですし、あまり頻繁に
洗う必要も無いのです。

 

外から帰ったら手を洗うのは大切ですし、不潔はよくありませんが、極端に
清潔にしようとするあまり手や体を洗いすぎると乾燥肌を招くので注意してください。

 

乾燥肌には洗いすぎは禁物ということを、この機会に是非心得て
いただきたいものです。