肌の乾燥を防ぐ

MENU

肌の乾燥を防ぐための基本をマスター!

肌の健康を保ち、肌の乾燥を防ぐ為には清潔にする事が何より大切です。
ただし、これも方法や回数を考えないと逆効果になりますので
注意が必要です。

 

人間の体は部分によって皮脂の出る量が多いところと少ないところ
があります。特に冬場は肌が乾燥しがちですので毎日石鹸で洗う
必要は無いのです。

 

体を石鹸で洗いすぎることは皮膚の皮脂と常在菌を洗い流してしまい、
角質のバリアー機能を損なう結果に繋がります。石鹸でよく洗ったほう
が良いのは中学、高校生頃の思春期で、夏場は日に二度シャワーを浴び、
洗顔もニキビが酷いなら一日三回ほどやっても大丈夫です。

 

赤ちゃんや子供は毎日体を汚すのでシャワーなどで洗うことは必要です
が、皮脂が少ないので汚れを洗い流した後はしっかり保湿しましょう。

 

体で皮脂の分泌が盛んな部分は頭部と顔のTゾーン、それから背中と
胸の真ん中あたりの正中部です。

 

腕や脚は皮脂の分泌が少ないので一日おきでも問題ありません。
手や足は汗が多く出るので毎日洗ったほうが良いでしょう。また脇の下
や下半身も清潔を保つ為には毎日洗ったほうが良いですが、それ以外の
ところはお湯で流す程度で全く問題ありません。

 

入浴の際はボディーソープよりも固形石鹸のほうが使いすぎを防げるの
でお勧めです。また、石鹸自体は普通のもので十分です。

 

下手に弱いものを使うと必要な汚れが落とせないですし、逆に殺菌効果
のある強い石鹸等は必要な菌まで殺してしまうので、それが肌荒れの
原因になります。

 

汚れと古い角質はしっかり落とし洗った後はすぐに保湿をする。
これが肌の乾燥を防ぐスキンケアの大原則です。