乾燥肌 服

MENU

おしゃれを楽しみながらも乾燥肌を防ぐ衣服の選び方

 

乾燥肌対策として衣類選びも重要です。
乾燥肌の人にとって化学繊維やウールは肌への負担が大きく、吸湿性も悪い
ので痒みを招くことが多いようです。

 

服は吸湿性の良い木綿が基本です。下着は化学繊維やレース付きの物は
なるべく避けましょう。ゴムやホックがきついとそこから湿疹になる事も
あるので、あまりきついものは選ばないようにしましょう。

 

タグの類は肌に触れるようであれば外しておきます。
でもおしゃれはしたい!という場合は肌に直接触れる下着類だけは綿に
して、化学繊維の服やセーターを着る場合は下に綿のTシャツを着たり
するなど工夫してみましょう。

 

また、綿100%であれば安全かというと、そうでもありません。
綿でも布の織り方や生地の厚みによっては乾燥肌に向かない物もあるのです。

 

例えば同じ綿でもジーンズは固い布地が皮膚に擦れて刺激になりますし、
起毛のものも肌への刺激が大きいです。

 

また、張りや光沢を出す為に使われる化学薬品が刺激になる場合もあります。
綿の服でも買った時は必ず洗濯してから着るのが原則です。

 

洗濯をする際にも漂白剤や柔軟剤は使わない方が良いですが、肌触りが
気になるというのであれば肌への刺激が少ないものを選びましょう。

 

また、意外と見落としがちなのが寝具です。毛布やシーツ、枕カバーなどは
顔や首が直接触れる場所ですから綿の物を選んだほうが無難です。

 

特に毛布は首の当たる部分がかゆみを招くこともあるので綿の毛布カバーを
使うなど、工夫が必要です。

 

こういった衣類や寝具の選択によっても乾燥肌の症状を改善させることが出来ます。