乾燥肌 原因 湿度

MENU

乾燥肌の原因に湿度が大きく関係している

乾燥肌の原因の一つに、住環境の極度の乾燥があげられます。

 

私達は、昔と比べて職場や家庭において密閉された空間で過ごしています。
都会では緑も少ないので空気が乾燥しがちです。そんな中、密閉された室内
でエアコンなどの暖房設備を使うとさらに空気の乾燥を招きます。

 

冬場の場合は、暖房の効きすぎにより室内が極度に乾燥します。
いくら表皮が水分を保護するように出来ているといっても、その保湿能力
には限界があります。

 

特に皮膚が未熟な乳幼児や新陳代謝が衰えている高齢者、元々乾燥肌
の体質の人は注意が必要です。冬場の空気の乾燥はインフルエンザなどの
ウイルス感染のリスクも増やしますので、適度な湿度管理は必要です。

 

エアコンなどの暖房器具やコタツは一日中つけっぱなしにするのは止めましょう。
電気毛布などの器具も肌の乾燥を酷くします。電気毛布は使わず、布団を
暖めたい場合は湯たんぽなどを使いましょう。

 

これは節電にもなります。部屋は適度に換気すれば乾燥も防げますし、
感染症対策としても有効です。

 

また、加湿器を使ったり、室内に洗濯物を干したりなど、適度な湿度管理も
気をつけたいものです。部屋の中に鉢植え等の植物を置くのも一つの方法です。

 

冬場は気温が低下する為、皮脂や汗の分泌も夏に比べて減ってしまいます。
ただでさえ皮膚のバリア機能が衰えているところに、部屋を乾燥させると乾燥肌の
症状を悪化させることになります。

 

部屋の湿度管理と共に肌の保湿も心掛けるようにしましょう。