紫外線 乾燥肌

MENU

紫外線から乾燥肌を引き起こす原因とは

紫外線によって体内に活性酸素というものが発生します。活性酸素は
細菌などに対抗する為に必要な反面、人体の組織には有害です。

 

活性酸素は核酸やタンパク質を切断したり、脂質を過酸化したりして
皮膚にダメージを与えます。この為に肌の新陳代謝のリズムが乱れ、
乾燥肌の原因となるのです。

 

また、あまりにダメージが酷いと皮膚癌の発症を招く要因になります。
表皮にはメラノサイトという色素細胞があり、紫外線によりメラニン色素を
作り出します。日焼けをすると肌が黒くなるのにはメラニン色素によって
紫外線によるダメージから肌を守るためです。

 

一度作られたメラニン色素は表皮の新陳代謝により排出されます。しかし、
過剰な紫外線や長年にわたって蓄積した紫外線のダメージは肌の新陳代謝
を遅らせ、このメラニン色素が排出されずに部分的に残ってしまいます。
これがシミの原因です。

 

また、紫外線は真皮にもダメージを与え、真皮内のコラーゲン繊維を変性
させてしまいます。真皮の70%以上はコラーゲンで出来ています。その為
コラーゲンが弾力を失うと皮膚全体が垂れ下がってきます。
これがシワの原因です。

 

よく乾燥肌がシワの原因といわれていますが、これは間違いです。
シワの原因は真皮内のコラーゲン繊維の劣化であり、それには紫外線や
活性酸素等が影響しています。

 

いずれにせよ、紫外線は乾燥肌、シミ、シワ等のあらゆる肌老化の敵です。
ある程度の紫外線は体に良いと言われていますが、それは日常生活で十分
補えます。大切なのは、紫外線を必要以上に浴びない紫外線対策です。