ストレス 肌 乾燥

MENU

ストレスが乾燥肌の原因の場合

健康にストレスは大敵です。これは勿論、肌の健康にもいえることです。

 

ストレスは自律神経の調子を狂わせたり、食欲不振や胃潰瘍など
胃腸の調子を悪くしたりします。

 

また、あまりにも強いストレスは睡眠不足を招きます。ストレスを発散させる為
にタバコやお酒等に頼る人もいると思いますが、タバコは乾燥肌のみならず、
心身全ての健康に対して百害あって一理無しです。

 

アルコールも少量ならば良いのですが、深酒は健康を害しますし、ストレスを
晴らす為に飲む酒は酔い方も悪く、結局良い結果は生み出しません。

 

このような生活リズムの乱れによる内臓の不調は、肌の調子を悪くします。
元々アトピー素因を持っている人や、症状が出ている人の場合は確実に症状
を悪化させる因子となります。

 

睡眠不足も肌の新陳代謝を阻害して乾燥肌の症状を酷くします。肌は
健康を映す鏡と言われています。極度の疲労やストレスは乾燥肌だけでなく、
蕁麻疹等の他の皮膚疾患の原因ともなりますので、
早めに解消することが大切です。

 

対策としては、可能な限りストレスの因子を取り除くことです。また、ストレス
発散の形もタバコや酒や夜更かしではなく、休日や早朝の軽い運動や
バランスの取れた美味しい食事や、熱すぎない心地良い温度での入浴などの
心身共にリラックス出来るものを選びましょう。

 

適度な運動や入浴は良質な睡眠を作り出します。あまり疲労やストレス
を溜め込まず、上手に疲労を抜いて心身ともに健康になることが
肌の健康にも繋がるのです。